現場での責任者を目指す|保育士などの様々な求人情報はネットで簡単に調べられる
男女

保育士などの様々な求人情報はネットで簡単に調べられる

現場での責任者を目指す

人形

施工管理技士は、建設現場などで起きる幅広い責任を任される役目となり、人材不足の影響から採用する動きが目立ってきています。施工管理技士がいなければ、その現場での作業ができなくなるため、それぐらい必要不可欠な人材となっているのです。この施工管理技士は、現場での経験があれば誰もがなれるというわけではありません。採用されるには資格を所持していなければならず、資格の段階によって任される仕事も違ってきます。施工管理技士はキャリアアップが目指せる仕事でもありますが、採用されるためには、まずは資格取得に向けた努力が必要です。施工管理技士に求められる資格は国家資格となり、年に1回試験が行われています。キャリアを広く求めていきたい場合は、計画的に試験に取り組んでいくことが大切です。

施工管理技士の資格は6種類あり、建設や土木、電気関係などにわかれています。そして、それぞれが1級と2級とがあり、1級を取得すれば本格的な現場責任者としての仕事が任されます。求人票には資格の分類を掲載しているものも多く、1級を取得していれば当然採用率も高まります。資格の取得は、実際は働きながら2級を取得していき、そして実務経験を積みながら1級を目指す人がほとんどです。2級の合格率はそこまで低くはありませんが、1級となるとさすがに難しくなります。施工管理技士は受験資格が必要となり、実務経験がある程度なければ受験できません。そのため、経験のある30代から40代で資格を取得する人が目立ちます。それくらいの年齢になると、現場での仕事も幅が広くなってくるため、施工管理技士を目指すにはちょうどいいタイミングとなります。施工管理技士になると、若手を指導をしたり判断を任されることも増えてきます。やりがいのある仕事にはなりますが、責任も同じように大きくなります。採用する側も資格や経験の有無以外にも人柄を重視する場合もあるので、信頼性も求められます。